粉末コラーゲンのメリットとデメリット

コラーゲンを使ったサプリメントは様々ありますが、形状として大きく分けると、ドリンクタイプ・錠剤タイプ・ゼリータイプ・粉末タイプがあります。

この中で継続して多くの人が利用しているのは、粉末タイプのコラーゲンです。 この粉末コラーゲンのメリットは価格的に安価で、他の素材と簡単に混ぜて使えるので飽きずに続けやすいことにあります。 使用する際は、調味料などと同様に必要量を使えばよいわけですから、個包装ほどゴミがでてしまうこともありません。

ちなみに、コラーゲンの一日の摂取量は5g以上といわれていますから、粉末コラーゲンは使用量を測りやすいのも嬉しいところです。 味としては、かつての粉末コラーゲンは、独特の味がまずいといわれていたこともありましたが、「無味・無臭」のものが主流となっています。 ですから、多様な素材にあわせることができ、粉末コラーゲンを使った料理レシピも数多くの料理系のサイトで紹介されています。

このように利用しやすい粉末コラーゲンのデメリットとしては、外出先で手軽に摂取するには不向きなことです。 粉末をそのまま摂取するのは難しいため、粉末をまぜる他の食品やスプーンなどかき混ぜるものも必要になります。

また、粉末タイプは比重が小さいため、冷たいものにまぜると浮いて溶けにくいこともあげられます。 もし、粉末タイプを冷たいものに混ぜるなら、少量から溶かすなど多少工夫するとよいでしょう。

コラーゲンペプチドそのものは水に溶けやすいものですので、粉末ではなく顆粒タイプであれば、冷たいものにもよく溶けます。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.