コラーゲンが不足する原因 加齢による減少

コラーゲンは美容の側面からよく知られている成分ですが、美容だけでなく健康の側面からも充分な量のコラーゲンが体内に存在していることはとても大切なことなのですから、人間の体の維持に必要不可欠な成分です。

人間の体では真皮だけでなく骨や軟骨、靱帯や腱など全たんぱく質量の約3割もの重量と占めているからです。

食物などから栄養分として体内に取り込まれるたんぱく質は「線維芽細胞」で分解し、コラーゲンに生成されています。 加齢によってコラーゲン量が低下する原因としては、この「線維芽細胞」そのものが、年齢を重ねるごとに活性に衰えが出てくることによってコラーゲン生成量も低下していくことにあります。

コラーゲンの生成量は20歳ころをピークにその後は少しずつ生成量が低下していき、50代になる頃には20代の7割程度にまで減少してしまいます。 コラーゲン量そのものの低下に加えて、コラーゲン繊維の質も劣化していきます。

コラーゲン繊維は若いときには細く柔らかく、それ故に保水性にとても優れています。 加齢によって衰えがでてきたコラーゲン繊維は太くて固くなり、柔軟性が失われます。 そのために保水性も失われてしまうのです。

コラーゲン量の減少と劣化によって軟骨のクッション性が失われ、関節に痛みが出る、骨がもろく骨折しやすくなる、肌の弾力が失われる、といったいわゆる「老化」の状態になっていきます。

コラーゲンの生成をする線維芽細胞は主に加齢によって活性が失われていきますが、加齢以外にも食生活や睡眠などの生活習慣、ストレス、喫煙などの要因によっても線維芽細胞の活性状態に影響を与えます。

同じ年齢でも生活習慣や食生活の質、睡眠の質などによってもコラーゲンの生成量やその質に違いが生まれます。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.