関節痛にも効くコラーゲン

コラーゲンといえばお肌の若返りのために必要な栄養というイメージが強いです。 コラーゲンはタンパク質ですからお肌の乾燥やたるみ、シワにはとても効果的です。

そのコラーゲンが加齢による身体のトラブルにも効果があることをご存知でしたか。 歳を取るとどうしても症状として現れるひじやひざの関節痛、その原因の多くは関節の軟骨の磨耗です。

関節における軟骨の役は骨と骨をつなぎ合わせるジョイント部分を動かすためのクッションです。 それが長年使うことによりすり減って痛みが生じてしまうのです。

軟骨の成分の半分はコラーゲンです。 ですから補うことで関節痛やその予防に有効なのです。 ただし関節痛は他の病気が原因であることもあるので、必ず医師診断の上でコラーゲンが有効であるものなのか判断しましょう。

さて、コラーゲンはどのように摂取すれば良いのでしょうか。 コラーゲンを多く含むものといえば、プルプルのゼラチン質の豚足、鶏手羽や魚の煮こごり、牛すじ煮込みなどが思い浮かびます。

しかし、いくら食材にコラーゲンがたっぷり含まれていても、食べてしまえば消化吸収分解されます。 コラーゲンを食べ物から摂取すれば直接お肌や関節に届くというわけでは無いのです。

身体の中を巡り巡ってアミノ酸などと結びつき、やがて身体を作って行く、という長い目で効果を待ちましょう。 早く、わかりやすい効果を期待する方は、コラーゲンを酵素分解し消化吸収されやすくしたコラーゲンペプチドが入っているドリンクやサプリメントがおすすめです。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.