アトピー性皮膚炎にコラーゲン

コラーゲンと聞くと肌がきれいなったり、髪の色艶がよくなったりといった美容面でのニーズを思い浮かべることが多いでしょう。 しかし近年では、コラーゲンが美容面以外にも効果を発揮することが知られています。 今回はそんなコラーゲンが、アトピー性皮膚炎に対して効果があることについて解説します。

そもそもアトピー性皮膚炎は、体内にあるアレルギー反応物質が、過敏に反応することで皮膚に炎症などを起こすという症状ですが、皮膚が乾燥しているということも大きく影響しています。 この皮膚の乾燥に対してコラーゲンが本来持っている機能が着目されているのです。

まず、コラーゲンの保湿力が、アトピー性皮膚炎の大敵である乾燥に効果があります。 次に、コラーゲンの再生力が、アトピー性皮膚炎によって乱れた肌の再生、回復といった機能を改善する効果があります。

さらにコラーゲンには肌のバリア機能を強化する働きがあり、アトピー性皮膚炎の方が受けやすい外的刺激にも、効果が期待出来ます。 コラーゲンはもともと人の体内に含まれていますので、外からコラーゲンを補っても、刺激も少なく効果も優しく現れます。

また、コラーゲンにはさまざまな種類のアイテムが出回っていますので、経口摂取で体の内側から取り入れたり、肌に塗布して体の外側から取り入れたりすることが出来ます。 症状によっては内外両方から取り入れることが出来ることも、効果が得やすい魅力です。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.