コラーゲンは爪の健康維持にも良い

爪は、健康状態を如実に表します。 二枚爪(爪の層がはがれる事)や、すじ、でこぼこが出てきたという事は、何らかの不調があった印です。

爪は、爪根で細胞分裂によって作られ、押し出されてきます。 例えば横すじが現れた場合は、数週間前に体調不良があったという事になります。

ですから、出ている爪をケアしても、あまり意味がありません。 美容液を塗っても吸収されないのです。 マニュキュアは、爪を保護する役割もしますが、爪を傷めたときは、新しい爪が生えてくるのを待つしかありません。

爪のトラブルは乾燥、血行不良、栄養不足等によります。 爪は皮膚が角質化した物であり、ケラチンというたんぱく質で出来ています。 栄養不足だと、栄養素は体に必要な部分に優先的に回され、爪には行き届かなくなります。

爪の健康維持には、バランスの良い食事、ストレスの軽減等が必要となりますが、手軽に実践出来る方法があります。 低分子化したコラーゲンを摂取すると、爪の状態が改善するという研究結果が出ています。 爪の水分量が、他の物質を摂取した時よりも多くなっていたのです。

また、セラミド(保水性のある物質)を形成するスフィンゴシンも増加していました。 コラーゲンが直接爪の成分になるわけではありませんが、少なくとも水分の保持には役立っているといえます。

爪の異常は、一時的な体調不良による事もあります。 ずっと状態が良くないというときは、積極的にコラーゲンを摂取しましょう。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.