コラーゲンと一緒にOK!NG!なものとは?

年齢を重ねると、目元や口元に気になるところがだんだんと増えていくのを感じませんか? 若い頃はもう少しメイクのノリが良かったのに・・・と悩んでいる方は、美肌のためにコラーゲンを摂取してみてはいかがでしょうか?

コラーゲンは、サプリメントやドリンクなどを食べたり飲んだりして摂取するものと、化粧水や美容液に成分として配合されているような肌から吸収するタイプのものがあります。

コラーゲンドリンクやサプリメントを摂る時に注意をしたいのが、食べ合わせについてです。 一緒に摂るものによっては、コラーゲンの効果を下げてしまうものがあるからです。

まず、体内でコラーゲン生成を助ける働きがあるものからご紹介します。 ローヤルゼリーなどに多く入っているプロリンという成分は、肌の保湿効果を高める働きがあります。 また鶏や豚のレバーに多く入っているレチノールは、脂溶性のビタミンで、肌の生まれ変わりをサポートしてくれます。

レモンやオレンジなどの柑橘系フルーツに多いビタミンCは、コラーゲンを安定させる効果があるため、コラーゲンと一緒に摂りたいものです。 そして、毎日主食として食べているごはんやパン、麺類に含まれるトリプトファンは、コラーゲンに含まれていない必須アミノ酸を含んでいるため、コラーゲンの生成をサポートしてもらうために一緒に摂ることが大切です。

コラーゲンと一緒に食べない方がよいものとしては、高脂肪分や糖分があります。 脂肪を余分にとってしまうと、皮膚の老化につながりってしまいますし、糖分はコラーゲンを糖化させてしまい、肌の弾力性が失われてしまいます。

コラーゲンを摂る時には、以上のようなことに注意をし、コラーゲン生成を助けてくれるものを一緒に摂ることが大切です。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.