コラーゲンを上手に摂るには

化粧品やドリンク剤など、「コラーゲン入り」という表記があるとついつい手にとってしまうほど、今やコラーゲンは女性にとって魅力的なものです。 コラーゲンに対するみなさんのイメージは、すっぽんや豚足、ホルモン、手羽や魚を煮た後の煮こごりなど、ゼラチン状の物質で、食べればお肌がツヤツヤプルプルになる、そんなところでは無いでしょうか?

コラーゲンたっぷりの食事の翌朝は肌の感じが違う!という感覚を体験した方も多いかもしれませんしかしながら、コラーゲンのことをよく調べるとそれほど単純なものでは無いことがわかります。 食べたコラーゲンがそのまま吸収され、翌日の肌の状態に影響してくるということは無いのです。

コラーゲンそのものは分子が大きく口から摂取した後、アミノ酸に分解されます。 ですから、食べた翌日にコラーゲンが原因でお肌が潤うということは実は無いのです。 それではコラーゲンを食べても美肌にとって意味は無いのでしょうか。

コラーゲンの効能を得るためには吸収しやすい大きさに酵素分解された低分子コラーゲンが効果的です。 通常の30分の1ほどの大きさなので体内で分解される手間もなく、腸壁からすぐ吸収されるので効果が現れるのも早いのです。 ドリンク剤や錠剤、粉末タイプなどさまざまな形態があるので飲みやすく続けやすいものを利用するとよいでしょう。

また、飲む時間帯にもポイントがあります。それは就寝前。 睡眠時は成長ホルモンが分泌されます。

お肌の新陳代謝も活発になるので、コラーゲンを飲めば相乗効果を得られます。 コラーゲンにはお肌の潤いだけでなく、髪や爪なども丈夫にツヤツヤになる効果もあります。 毎日続けることで美しさと若々しさを継続させましょう。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.