コラーゲンで骨折を早く治す

骨折を早く治そうと思ったときに、牛乳や小魚といったカルシウムの摂取が浮かびませんか?

もちろんカルシウムも丈夫な骨には欠かせない成分です。 しかし、骨の20%から30%はコラーゲンでできていて、骨に最も多く存在する成分なのをご存知でしょうか。

正式にはI型コラーゲンといい、細かい繊維状になっているのが特徴です。 この繊維にカルシウムが密着し、骨の土台になります。 そのため、どんなにカルシウムを補給してもコラーゲンが不足していると、丈夫で強い骨はできません。

さらにコラーゲン不足は骨密度が下がり、骨折の治療も長引くこともあります。 骨折を早く治したいと思ったらまずはコラーゲンが体内に不足しないように意識しましょう。

コラーゲンを効率よく摂取するにはいくつかポイントがあります。 コラーゲンと一緒にビタミンCを摂取しましょう。

ビタミンCはコラーゲンを作るために必要な成分なだけでなく、骨折の痛みやストレスによる不安やイライラを抑えるのにも有効です。 コラーゲンは食事から摂取することも可能ですが、脂質が多い食品が多いです。 ですので、必要な成分が濃縮されているサプリメントがおすすめです。

サプリメントであればカロリーを気にすることなく続けられるというメリットもありますね。 骨折の治療の際にコラーゲンを摂取した場合、通常の2倍から3倍の早さで回復をしたという研究結果もあります。

最近では高齢の方だけでなく、若い人でも骨密度が低い人が増えています。 骨密度が高いと、骨折しにくい強い骨になるので、予防のためにも日ごろからコラーゲンとビタミンCの摂取を心がけましょう。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.