コラーゲンの即効性は、構造で違いが出る

美肌効果でおなじみのコラーゲンですが、歴史的にも世界的にも、こんなにお肌への効果が広く認められている栄養食品はありません。 コラーゲンが美肌に良いのはそのたんぱく質が人の肌細胞を再生させる働きを持っているからですが、少し疑問に思うのはよく言われる即効性についてです。

よく高級中華料理で鳥のスープを食べた時など、ウェイターに翌朝お肌ツルツルだよ、と言われたりしますが、果たして本当にコラーゲンの効果は翌日に出るものなのでしょうか。 実は、この即効性という観点から言いますと答えはNOと言わざるを得ません。

コラーゲンもアミノ酸の一部ですので、一度口にしたコラーゲンのスープやサプリメントは体内で分解され、アミノ酸の一つとして再度コラーゲンに生成されます。 そのため本来の効果を実感するためには肌のターンオーバーと同じ、約2週間を見るべきでしょう。

しかし、もっと早く効果を感じることができるようにする方法はあります。 それは、コラーゲンの分子構造に秘密があります。

コラーゲンには3種類の構造があり、パールネックレス三本をねじり合わせたような螺旋状のもの、直列のパールネックレスのようなゼラチン状のもの、分子が切れ切れになっているペプチド状の物となっています。 最初の螺旋状が複雑な構造のため一番溶けにくく、ペプチド状のコラーゲンが最も早く水に溶けます。 つまり、原料がペプチドとなっているサプリメントの方が、即効性が高いのです。

もし原材料を選べるのであれば、コラーゲンペプチドか、わからない場合はドリンクタイプを選びましょう、ドリンクタイプに使われるコラーゲンは水に溶けやすいペプチドを原料に使っていることが多いからです。

食事から摂れるコラーゲンは螺旋状になっているので即効性ではペプチド状にかないません。 もし効果を急ぐのであれば、少しでも吸収の良いコラーゲンを選ぶべきです。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.