コラーゲンの生成量を増やすには?

肌のコラーゲン量が増えると、つやつやとふっくらした肌になれます。 赤ちゃんのような肌になりたいのであれば、肌のコラーゲン含有量を増やすことが大切です。

コラーゲンの含有量は20歳をピークとして年齢を重ねるたびに減少していきます。 20歳のコラーゲンを100とすると45歳で50%、80歳では20%になってしまいます。

コラーゲン量が減ってしまうと、肌の弾力がなくなり、皮膚がたるんでシワが増えたりシミができたりするのです。 いつまでも艶やかな肌でいたいと思いますよね。

健康できれいな肌を保つためには、体内のコラーゲン生成量を増やしましょう。 コラーゲンの生成量を増やす方法として、コラーゲンが豊富な食べ物を食べる方法があります。

コラーゲンの原料はアミノ質です。 アミノ酸の一種であるプロリンやリジンという成分が、コラーゲンを作り出すためには欠かすことができません。

プロリンとリジンが多く入っている食べ物は、豚肉や鳥の胸肉、大豆や小麦、ゼラチンなどです。 豚足や豚肉の皮の部分、手羽先などには、ゼラチンが豊富に入っています。

ゼラチンは食べると、コリコリ、ぷるぷるというような食感があります。 普段の献立に、コラーゲンの多い食材を取り入れて、体内のコラーゲン生成量を促進させましょう。

女性ホルモンのエストロゲンは、体内のコラーゲン生成を高める効果が期待できます。 エストロゲンを増やすためにはどのような方法があるのでしょうか?

ドキドキ、ワクワクするなど心の動きを高めたり、マッサージを受けたりアロマのお香でリラックスをすることで、エストロゲンの分泌量が増えます。 恋をしてドキドキすることでもエストロゲンが増えてコラーゲンの生成がアップするので、恋愛をするのも一つの方法です。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.