コラーゲン注射の効果

コラーゲンといえば、肌のアンチエイジングに絶対の効果があると誰しもが常識のように思っているかもしれません。 確かに、コラーゲンは肌のはりや、艶、弾力を保つのに必要不可欠であり、年齢を重ねると、体内のコラーゲンの量が徐々に減少していくことがわかっています。

したがってコラーゲン注射をして、コラーゲンを体内に直接注入し、補給してあげることで、しわやたるみに効果があると考える人も多いと思います。 しかしながら、コラーゲン注射では、しわやたるみをなくすまでの効果は、実はありません。

コラーゲン注射でできることは、浅いしわを一時的に目立たなくすることだけなのです。 主に、眉間や目じりにできた浅い表情じわの部分に、コラーゲンを注入し、肌を肌内部から盛り上げることにより、しわを目立たなくするというわけです。

コラーゲン注射のメリットはなんといっても即効性です。 また、注射をしわの部分に打つだけで済みますので、時間も5分から10分程度しかかかりませんし、表面麻酔をすれば、痛みもほとんどありません。

コラーゲンは、もともと人の体の中に存在している成分ですので、時間が経てば自然に体内に吸収されますので、安全性も高いといえるかもしれません。 しかしながら、その性質上、持続性は非常に低く、同じような効果をもたらすヒアルロン酸注射に方が、断然持続性は高いといえます。

また、コラーゲン注射を打つ際には、コラーゲンが何由来かということにも、注意が必要です。 牛や豚由来のコラーゲンの場合には、アレルギーを引き起こす場合がありますので、パッチテストをしてもらう必要があります。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.