効果的にコラーゲン摂取する方法とは

巷には、コラーゲン配合をうたった商品があふれています。 何がどう違うのか、どれをどう摂取するのが正しいのか、製品を作っている会社の情報では何と無く安心出来ないような気がします。 そこで、医師監修記事などを元にまとめてみました。

まず、コラーゲンというものが何なのか、きちんと知っておく必要があります。 コラーゲンとはタンパク質の一種であり、経口摂取した場合そのまま効いてほしいお肌や関節部分まで届くということはありません。

体内で分解されて、アミノ酸やペプチドとなり、その後体の各部位に吸収されていきます。 ここで重要なのは、きちんと分解されないコラーゲンは体に余分なものと判断されて体外へ排出されてしまうという事実です。

最近よく耳にするペプチドコラーゲン入りという言葉は、コラーゲンの分子量を小さく精製し、その結果水に溶けやすいという特徴をもった製品が入っているということなのです。 その中でもペプチドコラーゲン入りドリンクは体への吸収を第一に考えると、医学的にも効果が得られやすいと考えられています。

では、どれくらい摂取すれば良いかについて、関節等に効いてほしい人ならば一日10g、お肌に効果を期待する人ならば一日5g程度を見安に、毎日気長に続けることが重要と言われています。 ”コラーゲン飲んで翌朝お肌ツルツル”というのはあくまでも本人の思い込みでしかありませんので、ご注意ください。

一度に大量摂取するのは良くないのでしょうか?

繰り返しになりますが、健康な体の人ならば、必要ないコラーゲンは体が判断して体外へ排出してくれますが、その際にタンパク質消化に関わる肝臓や腎臓にはそれなりの負担がかかります。 大量摂取を続ければ、いずれ負担がかかり続ける肝臓や腎臓に異変が起こることもあるのです。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.