コラーゲン摂取の効果

これまでの医学的見地ではコラーゲンそのものを摂取しても消化吸収により分解されてしまうので、コラーゲンとしての働きは期待できないという意見が多数派でした。 しかし最近の研究でコラーゲンペプチドに細胞の活動を高める効果があることが発表され注目を集めています。

コラーゲンペプチドとはコラーゲンを加熱処理をして、ゼラチン状にしたあと、酵素分解させたものを指します。 その一部がそのまま血液中に吸収され身体中をめぐり、細胞の活動を高めるというのです。

コラーゲンの摂取がそのまま身体のコラーゲンになる訳ではありませんが、研究結果に基づき美容だけなく、医療の観点からもコラーゲンの効果が期待されています。 その1つとして床ずれの改善が挙げられます。

床ずれは寝たきりなどにで皮膚に酸素、栄養素が届かず起こる症状ですが、コラーゲンペプチドを一定期間摂取することで、皮膚の再生が進んだという事例が報告されています。 また歯の周辺の歯槽骨の強化にもコラーゲンが関係しており、コラーゲンペプチドを一定期間摂取することで、歯周病の改善にも役立つのではと期待されています。

そしてまだ研究中の段階ですが、高血圧や高血糖の改善にもコラーゲンペプチドが有効ではないかといわれています。 さらにガンの検出に役立てる研究、再生医療の研究開発などもされており、医学の発展に関してもコラーゲンは期待の成分といえそうです。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.