コラーゲンで傷を治そう

コラーゲンは私たちの体の中で、クッションのような役割をし、骨や肌を守ってくれています。 コラーゲンが体内にたっぷりあることで、健康的でみずみずしいお肌に見せてくれます。

さてこのコラーゲンですが、傷を修復してくれる力も強いということを、ご存知でしょうか。 このページでは、そんなコラーゲンの傷を治す仕組みについて解説します。

コラーゲンは体内にて、各臓器の水分量を保ったり、細胞の再生の役割を担っています。 コラーゲンを適切に摂取していれば、この役割が発揮され、常に新しいお肌に生まれ変わるターンオーバーが正常に行われ、若々しい見た目でいられるのです。

具体的に説明しますと、皮膚がケガをした場合、その部位の細胞がケガを治癒すさせるためのコラーゲンを生成します。 この細胞が増殖していくことによって、体内の様々な成分に働きかけ、傷が治って正常な細胞となっていくのです。 最終的にはそれがかさぶたという形になって終止します。

このように、怪我をしたときはコラーゲンがうまく働いてくれているのです。 コラーゲンの摂取をしていないという方は、意識的に摂取することも大切です。

また、傷の治りを早くするためには、コラーゲンのみに頼ることなく、バランスのとれた食事や運動、質の良い睡眠も意識しながら生活していきましょう。 コラーゲンは年齢によって低下してしまいますので、うまく補いながら、常に美しいお肌でいたいものですね。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.