コラーゲンで予防、改善できる病気

コラーゲンと聞くとまず浮かぶのが美容に良い成分ということではないでしょうか。 コラーゲンは美容だけでなく、様々な病気の予防、改善にも効果があるといわれています。

コラーゲンは骨の基礎になる成分で、骨と密接な関係があります。 関節に負荷がかかると軟骨で吸収をして衝撃を和らげます。 これはコラーゲンの弾力によるものです。

このような作用があることから、骨粗しょう症や関節炎の予防、緩和に効果があります。 カルシウムがしっかりコラーゲンに付着すれば骨が強くなるので、コラーゲンが不足しないように気を付けることが大切です。

他にも歯周病とコラーゲンにも密な関係があります。 歯周病の基本的な予防方法は毎日の正しいはみがきと、歯科での定期的な検査です。

そもそも歯周病とは歯槽骨がとける病気なのでコラーゲンを摂取して、骨密度と骨質を良くすることも重要なのです。 歯周病になると、歯肉、歯槽骨等、歯を支えている部分が破壊されてしまいます。 こうなってしまう前に、メンテナンスプラス、コラーゲンで歯の状態も健康にしたいですね。

あまり聞きなれない病気ですが飛蚊症という目の病気にもコラーゲンが有効といわれています。 視界に小さなゴミがちらつくような症状が特徴で、ほとんどの人が老化による生理的飛蚊症です。

予防のポイントは「目のアンチエイジング」です。 コラーゲンは、眼球の器官の一つである硝子体の成分なので、眼球器官が衰えないように、コラーゲンを摂取しましょう。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.