コラーゲンと紫外線

紫外線にはA、B、C波があります。 C波はほとんど地上に届かないので、特に影響はありません。

B波は日差しの強いときに日焼けを起こします。 肌が黒色になるのは、紫外線をブロックするための防御反応です。 B波は室内まで届かず、影響を受けるのは表皮のみとなります。

一方、A波は波長が長く、雲やガラス等も突き抜けます。 ですから、私たちは曇りの日でも、室内にいてもA波を浴びてしまうのです。 日焼けをしたという意識はなくても、少しずつ影響は蓄積されていきます。

A波は表皮の下にある真皮層まで到達し、活性酸素の一種である一重項酸素を発生させます。 これがコラーゲンを損傷させる原因となるのです。

真皮におけるコラーゲンの量は、70%以上を占めます。 紫外線を浴びると、コラーゲン線維は変性し、硬くなります。 そうすると水分を保持しにくくなり、しわが出来たり、ハリが失われたりします。

また、一重項酸素によってコラーゲンの量自体も減少していくのです。 若いうちは新陳代謝が活発ですが、年齢を重ねるとコラーゲンは入れ替わりにくくなります。

ドリンクやサプリでコラーゲンを補えば、ある程度は新しいコラーゲンが作られます。 しかし、紫外線対策をせずにコラーゲンを摂っても、肌の老化を防ぐ事は出来ません。 肌老化の原因の多くは紫外線によるものだからです。

室内にいるから、日が出ていないからと油断してはいけません。 普段から日焼け止めを塗る、UVカットのカーテンをかける、日傘をさすといった対策が、皮膚の老化を防ぐ秘訣なのです。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.