コラーゲンで美肌にはならないって本当?

美容に興味がある人なら誰でも知っているコラーゲン。 肌がプルプルになると知られており、化粧品やドリンク、サプリメントでお馴染みですよね。

しかし、コラーゲンを摂取しても美肌にならない、意味がないという説もあります。 実際はどうなのでしょうか。

結論からいうと、効果はあります。 では、なぜ意味がないという説があるのでしょうか。

意味がないとよくいわれるのが、コラーゲンを摂ったとしてもアミノ酸に分解されてしまい体内に残らないということです。 しかし、コラーゲンを摂取した人から血液検査を行ったところ、コラーゲンがアミノ酸とくっついた状態で発見されたため、分解されず残っているということがわかりました。 たんぱく質はわずかな時間で分解されますが、コラーゲンについては長時間、分解されず残っているのが確認されています。

また、コラーゲンを摂取してもお肌のコラーゲンにはならないので意味がないという説もあります。 確かに、お肌のコラーゲンにはならないのですが、体の隅々までコラーゲンの成分が届くことにより、細胞が活性化されます。 ターンオーバーを促したり、弾力組織を作ったり、美肌効果に期待が持てるのです。

コラーゲンは意味がないということはありません。 お肌に元気がないなと感じたら、積極的に摂取してください。

コラーゲンを摂取する際に注目したいのが分子量です。 コラーゲンペプチドといわれる低分子化コラーゲンは、人工的に細かく砕いているため体内に吸収されやすいです。 コラーゲンを選ぶ際は、コラーゲンペプチドが5000mg以上の高配合されているものがおすすめです。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.