コラーゲンの機能を知ろう

美肌に効くといわれているコラーゲンですが、この性質について詳しくご存知でしょうか。 コラーゲンの性質について迫ってみます。

コラーゲンは、簡単に説明するとたんぱく質の一種です。 皮膚はもちろんのこと、歯や血管の中にも含まれているたんぱく質です。

コラーゲンは繊維状になっていて、骨と骨をつなぐクッションのような役割をしており、体内のたんぱく質の中で3割を占めています。 体の中にあるコラーゲンのうち、4割は皮膚に存在しているのですが、その他の2割は骨の中に存在しています。 それ以外は骨の中等、全身にわたって分布しています。

コラーゲンを作っているのは線維芽細胞と呼ばれる細胞や、軟骨細胞と呼ばれる細胞です。 この細胞から作られた後、細胞同士の隙間を埋めるように分布し、その他のたんぱく質と結合しながらマトリクスと呼ばれる集合体を築いています。

私たちの体の中で、各臓器が正しい位置で正しく機能していくためには、このコラーゲンが作るマトリクスがなければ実現しません。 細胞の増殖や機能の維持に役立つ、大変重要な役割を担っているのです。

このように、コラーゲンは私たちの体になくてはならない物質ですから、毎日の食事の中から適切に補給する必要があります。

コラーゲンがたくさん含まれている食べ物には、鶏の皮や豚骨スープ、すっぽん等が挙げられます。 足りなくなることのないように、摂取していきましょう。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.