コラーゲンが足りないとどうなる?

皮膚をはじめ、体のあらゆる器官を構成するたんぱく質のひとつがコラーゲンです。 しかし、20代をピークに徐々に減少してしまいます。

コラーゲンが減少してしまう主な原因は加齢ですが、その他にも生活習慣の乱れや無理なダイエット等でもコラーゲンの減少がみられます。 では、コラーゲンが不足すると実際にはどのような影響があるのでしょうか。

まず、目に見えるものは肌トラブルです。 紫外線を過度に浴びると肌の真皮層にあるコラーゲンが破壊され、肌の弾力が衰えます。 それにより、しわやたるみ等の肌の劣化がおきるのです。

また、コラーゲン不足は、肌等の表面的なものだけでなく、体の内部にも影響を及ぼします。 血行不良やホルモンバランスの乱れを引き起こし、体内の老廃物がうまく排出できなくなったり、ニキビや肌のくすみ、生理不順等を招きます。

また、たんぱく質のひとつであるコラーゲンは、爪や髪の毛の元であるので、不足すると爪のトラブルや抜け毛の原因にもなります。 その他にも、関節のクッションの役割もあるコラーゲンが不足すると、関節が痛むようになることもあります。

このように、コラーゲンは美容目的だけでなく、男女問わず、とても重要な成分です。 鶏皮や手羽先、ゼラチン質のものに多く含まれるコラーゲンですが、これらの食品を日々常に食べるのは大変かもしれません。

今はコラーゲンのドリンクや粉末のもの等、気軽に摂れるコラーゲンが多く流通しています。 ご自分に合った方法で、毎日定期的にコラーゲンを取り入れて、心身ともにハリのある生活を送りましょう。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.