コラーゲンの副作用

ぷるぷるお肌を目指したいあまりに、コラーゲンを大量に摂取してしまいがちで、過剰摂取にあたるほど、摂取しすぎてしまう場合があります。 コラーゲンは、たんぱく質の一種ですが、それほど、副作用の報告例はありません。 しかしながら、過剰摂取による副作用の報告例はいくつかあるのが現状です。

コラーゲンは、豚などから抽出した動物性のコラーゲンと魚から抽出した海洋性コラーゲンの二種類が、現在では主流です。 コラーゲンの原料によっては、アレルギー反応を引き起こしてしまう場合がありますので、注意が必要です。

もともと、食物アレルギーを持つ人は、原料となっているものをしっかりと確かめる必要があります。 また、食物アレルギーを持っていないと思っている人でも、過剰摂取により、アレルギー症状が現れることも、ありますので、過剰摂取は避けるべきです。

また、コラーゲンを過剰摂取すると、体内のバランスが崩れてしまい、ニキビや吹き出物などができてしまうことがよくあります。 このようなニキビや吹き出物などの症状は一時的なもので、摂取をやめて、何週間かすれば元に戻りますが、体内のバランスが崩れるほどのコラーゲンの大量摂取は、良くありませんので、やめましょう。

コラーゲンは、たんぱく質ですので、粗悪な加工方法によって生成されると、たんぱく質が変化しやすいような不安定なコラーゲンになってしまいます。 そのようなコラーゲンを私たちが摂取すると、体内でうまく消化することが、できずに、老廃物として蓄積してしまうことがあります。

コラーゲンを摂取する場合は、質にもこだわって、いくら安価でも粗悪なものは避けましょう。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.