お肌とコラーゲンの関係性

女性なら、誰もが憧れる潤いのある美肌。 潤いのある美肌には、コラーゲンは欠かせない成分です。 お肌とコラーゲンの関係性は、どの様なものなのでしょうか。

コラーゲンとは、タンパク質の一種で、骨、関節、腱、血管、肌等、体内のあらゆる部分に存在し、体内タンパク質の1/3がコラーゲンです。 コラーゲンは、セラミド、ヒアルロン酸と共に、お肌に潤いを与える3大保湿成分と言われ、お肌と深い関わりがあります。

お肌は、表面から表皮、真皮、皮下組織に分かれています。 中でも95%を真皮が占め、そのうち70%がコラーゲンで出来ています。

真皮の中で、コラーゲンは網目状に広がり、バネの様な働きで真皮層を支え、水分を逃がさない親水性で潤いを保ち、肌の形や弾力を保つ働きをしています。 そして、古いものを分解し、新しいものを作り出す(合成能力)事で、表皮の新陳代謝がスムーズに行われ、お肌が健康に保たれます。

加齢等で老化が進み、コラーゲンの合成能力が衰えると、シミ、しわ、たるみ等の肌トラブルをひき起こす為、この合成能力の維持が、お肌の潤いやハリにとても重要なのです。

減少してしまうコラーゲンを補うには、フカヒレ、手羽先、牛すじ等コラーゲンを多く含む食材の摂取、サプリメントの経口が挙げられ、美容外科クリニックのコラーゲン注射等も即効性が期待されます。

美しさの基準は、美肌にあります。 お肌とコラーゲンの関係性を知る事は、潤いある美肌への近道となります。

▼コラーゲン関連サイト▼
すっぽんのコラーゲンは美肌に良い
http://www.fusewireless.com/bihada.html

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.