喫煙は美容の大敵!コラーゲン不足を引き起こすその理由

喫煙は美容の大敵、ということはよく言われていることです。 なぜかというと喫煙によって体内のビタミンCが大量に消費されてしまってビタミンCが不足するためです。

ビタミンCが不足すると健康面だけでなく美容面でも大きくデメリットがありますから、ぜひ知っておいていただきたい事実です。 1本のたばこを吸うたびに25ミリグラムから100ミリグラムもビタミンCを消費してしまうといわれています。

喫煙者にとってたばこは気持ちをリラックスさせるために欠かせないものであり、精神的にはたばこを吸うことでリラックスし精神的に安定を得ているように錯覚してしまいますが、一方で身体面では非常に強いストレス負荷がかかっているのです。

身体的ストレスに対抗するために分泌される坑ストレスホルモンによってビタミンCは大量に消費されていきます。

またたばこの煙には活性酸素の元となる過酸化水素が含まれています。 ですから喫煙は活性酸素を大量に発生させる要因となります。

活性酸素はコラーゲンにも大きく影響します。 コラーゲンの繊維を変質させてメラニン色素を大量に生成してしまいます。

また、体内に摂取されたたんぱく質からコラーゲンを生成するためにビタミンCは欠かせない栄養素ですが、喫煙者は慢性的に体内のビタミンCが不足していますからコラーゲン生成がうまくいきません。 結果コラーゲン不足となって肌や髪の健康が損なわれていくのです。

喫煙者はシミやしわ、黒ずんだ肌、そしてパサパサに乾燥してやせ細った髪質であることが多いといわれるのは慢性的なビタミンC不足によってコラーゲン生成が阻害されていることが理由なのです。

喫煙者の血中ビタミンC濃度は非喫煙者の半分以下との研究データも明らかになっているように、コラーゲンを充分に生成し、美容面に気を遣いたいのであれば喫煙は絶対にNGなのです。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.