コラーゲンで美肌になろう

「コラーゲンは肌に良い」というのをなんとなくご存じの方は多いと思います。 ではなぜコラーゲンは肌に良いのでしょうか。

コラーゲンとはタンパク質の一種で、表皮と呼ばれる肌の下にある、真皮という部分を構成する役割を持っています。 またコラーゲンは細胞と細胞を結ぶ働きがあり、体内のタンパク質の中でも特に弾力性があると言われています。 そのため、コラーゲンが豊富にある方が肌に弾力や伸縮性が生まれるのです。

しかし、コラーゲンは加齢と共に減少していくという性質があります。 真皮のコラーゲンが減少している状態になると肌の弾力が失われ、年齢を重ねている方の悩みによくある、肌のたるみや、シワの原因になりかねません。

このコラーゲンの減少を抑えるには、コラーゲンを多く含むモノを常時摂取することが有効です。 まず食事として摂取できる代表的な食べ物として、フカヒレや手羽先、鳥皮、牛すね肉などがあります。 このようなコラーゲンを多く含む食事で、健康な肌を作ることが期待できます。

また、食事よりもさらに手軽にコラーゲンを摂取したい方には、サプリメントがオススメです。 コラーゲンサプリメントを摂取する場合は、ビタミンCも同時に摂りましょう。

なぜならコラーゲンを作っているアミノ酸は、ビタミンCによって水酸化されて初めて、コラーゲンとなるからです。 以上のようにコラーゲンを正しく常時摂取し、弾力のある肌を手に入れましょう。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.