コラーゲンは紫外線で減少するって本当?

皮膚の老化を促進してしまう最大の原因が「紫外線」です。 太陽の光を浴び、日焼けすることによって皮膚細胞が劣化することを「光老化」ともいい、顔面皮膚組織が受けるダメージの原因の8割以上を占めるのが「光老化」なのです。

紫外線が肌に与えるダメージというのは想像するよりも実ははるかに深刻なものです。 お肌の表面にある「表皮」にはシミやそばかす、皮膚がんを発生させますし、肌の奥深くの「真皮」組織に作用してしわやたるみの原因となり、加齢に伴う(避けようのない)老化作用を加速度的に早めます。

肌の弾力を保っているのが「コラーゲン」と「エラスチン」ですが、この2つの重要成分は繊維芽細胞で生成され、古くなると分解酵素によって分解されるというサイクルを繰り返しています。

紫外線の照射によって「コラーゲン」と「エラスチン」の生成量が急激に低下し、そのうえさらに「エラスチン」を分解するエラスターゼという分解酵素の分泌量が増えてしまいます。

紫外線の作用によって、これらの肌の細胞組織内での「生成」と「分解」のバランスやサイクルが崩れてしまうだけでなく、コラーゲンを生み出す繊維芽細胞そのものの数が減少してしまいます。

肌の細胞組織の土台となって支えているのがコラーゲンとエラスチンですから、それが減少してしまった肌は弾力を失い、そしてシワができていくのです。

紫外線による肌の老化を少しでも抑止するためには、夏の海やレジャーのときの強い日差しを避けるのはもちろんのこと、普段の散歩や買い物といったちょっとした外出のときにも日焼け止めやUVカットの化粧品を使うようにして、「うっかり日焼け」をしないよう気を配る必要があるのです。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.