菜食主義でもコラーゲン摂取は可能?

最近はベジタリアンやマクロビオティックなどといったような食事のスタイルを摂る人も増加傾向にあります。 ベジタリアンやマクロビオティックなどの食事法を取り入れている人は、動物性や魚介類を一切口にしない人や量や種類を極端に制限しています。 その結果体内の脂質バランスが崩れ乾燥肌や肌のハリが失われていることに悩む人が多いといいます。

お肌の潤いやハリを保つのに重要な役目を担っているのはコラーゲンです。 コラーゲンを多く含む食品には動物性の食品や魚介類が多いのが実状です。

ベジタリアンやマクロビオティックの食事法を実践している人達はどうしてもコラーゲンが不足しがちになってしまうのです。 コラーゲンサプリメントなどを利用したいと考えても動物由来や魚介由来のコラーゲンを使用していることがほとんどです。

ところが諦める必要はないのです。 コラーゲンには植物性コラーゲンも存在するのです。

植物性のコラーゲンは、実は私たち日本人にはとても身近である大豆に含まれています。 大豆や大豆製品を毎日摂取することによりコラーゲンを体内に取り入れることができコラーゲン不足を補えるのです。 大豆ならベジタリアンやマクロビオティックの食事法を実践している人達でも安心して口にすることができるでしょう。

さらに大豆にはイソフラボンやビタミンといった肌の乾燥を防いだり、肌へのハリを与える成分が入っています。 大豆を積極的に毎日の食事に取り入れることにより、コラーゲン不足を防ぎ、美肌へと導く助けをしてくれるのです。

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.