コラーゲンとは何者?

主に美容商品等でコラーゲンという言葉を聞くことが多いと思いますが、コラーゲンとはどういったものなのでしょうか。

http://www.caramel2004.jp/karadaniyoi.htmlにも書いてあるように、コラーゲンとは、たんぱく質の一種です。 私たちの体の中でも、人体や軟骨等を構成しているたんぱく質です。 体内の比率でいうと、コラーゲンは体の中で約30パーセントを占めています。

コラーゲンを摂取するとお肌がプルプルになるというキャッチコピーもよく聞かれますが、コラーゲンには弾力性があります。 肌に対してもそうですが、靭帯や骨等の、結合している組織の部分に強度を保つ働きを持っています。 コラーゲンが充分に体内に足りていることにより、筋肉や骨が日常的な活動の衝撃に耐え、スムーズに動かせる状態になります。

コラーゲンと一言でいっても、様々な種類があります。 体内では30種類以上のコラーゲンが働いているといわれています。

靭帯や骨の中では1型コラーゲンが仕事をしてくれていますし、軟骨や関節の中では主に2型がコラーゲンが働いてくれています。 狭い範囲で出現しているコラーゲンや、細胞膜と結合することによって働いているもの等、多種多様な種類のコラーゲンが発見されています。

私たちが口にする食べ物の中で一番なじみが深いのはゼラチンかもしれません。 ゼラチンはコラーゲンを変性させて作られたものです。 食用の他、美容品や医薬品にも役立てられています。 私たちの体内に不可欠なコラーゲンですから、日々摂取したいものですね

▼コラーゲン関連サイト▼
コラーゲンが身体に良いとされる理由
http://www.arkin.jp/karada.html

Copyright © ぷるぷるを手に入れるために All Rights Reserved.